収益物件買取

損益すら左右する売却価格

不動産投資は収益物件の購入時に、調達コストと管理費用などのコストを全て賄って、且つ空室リスクも見込んだ上で、収益が出せる賃料を設定した際にその賃料が現実的な相場間に即するか否かで投資を決定するという事が原則です。しかし、この際に経験の浅い人が見過ごしてしまいがちなのがその収益物件をいずれ売却する際にいくらくらいの価格で売却できるか、という視点です。 賃貸物件は古くなり、設備も時代遅れになれば、いずれ大規模な修繕を行わない限り借り手がつかなくなります。また、その前の段階で賃料を下げざるを得なくもなります。だからこそいつ頃、幾らの売却価格を想定して売却するのかの想定を誤ると、売却価格が安くなりすぎてしまい、その収益物件に関わる最後の段階で損益ラインすら下回り、負債を抱えることにもなりかねないのです。

早期からの相談が重要

だからこそ、売却時の想定は購入時から持っておくべきですし、不動産相場は随時変わりますから、逐一相場観を把握しておく必要があります。 こうした収益物件の売却の際に便利なのが買取サービスを行う不動産業者です。不動産仲介と異なり、自社で買取を行いますので、必ず売却することが可能ですし、そうした業者は基本的に直接買取の形を取りますので、不動産手数料などの中間手数料が発生しない分だけ高価に買い取ってもらえます。 しかし、売却しなければ収益の改善が見込めない時期になって急いで売却をせざるを得ない中で買取サービスを利用しても想像していた価格では買取をしてもらえなかったというケースは十分に考えられます。 だからこそ、こうした買取サービスを行う不動産会社とは、収益物件の運用が順調な早い段階から相談を行い、その都度その都度の売却価格や不動産相場の動向についての情報を取るようにすることが有効な活用方法と言えるのです。