知っておきたい事

fxは実需ベースの動き

fxは外国為替証拠金取引のことを言います。これは特定の通貨ペアが上昇するか下落するかを考えて投資するものですが、入門が考えておかなくてはならないのは、為替市場は実需が基本的に大きく市場を牽引しているということで、その上に投資や投機筋、個人投資家の動きがあるのです。たしかにクロス円のように架空に作られる通貨ペアもありますが、ドル円やユーロドルといった主要通貨ペアの動きを大きく左右しているのが実需であることを忘れてはなりません。そのうえに投資や投機筋が売買を仕組んでくるところがfxの大きな特徴となっているのです。したがって各国の貿易黒字なども大きく為替相場に影響を与えることになり、ファンダメンタルズをしっかり把握することが必要になります。

投機筋による仕掛けも注意

そんな中でもfx市場には投機筋が登場して相場を動かすことがたびたびあります。入門者はこうした流れが出ることをしっかりと把握しておくことが必要になるのです。仕掛け売買が起きるとそれまでの相場の流れが一変することもありますのでfx入門にとっては非常に難しい相場展開となりますが、あくまで流れについていくといことを心がけることが入門者にとっては重要となるのです。自分でこの先の相場の動きを断定してしまうのではなく、さまざまな方向を考えながら相場にさからわずについていくということが個人投資家にとってはもっとも重要な行為となります。この基本的な考え方を決して忘れないようにすることがfx入門者にとっては非常に重要となるのです。